受診予約・お問い合わせ 0557-45-4811 【受付時間】9:00~18:00/日祝、木・土午後は休診
〒414-0044 静岡県伊東市川奈1255-335
地図

静岡県伊東市の「立花胃腸科外科」。入院施設完備。大腸内視鏡検査・胃内視鏡検査で、がん早期発見に評判。入院施設は19床、駐車場約30台完備。

内視鏡検査

  • 医師のご紹介
  • 当院のご案内
  • 診療のご案内
  • 採用情報
静岡県伊東市 立花胃腸科外科 美容医療科・女性外来

内視鏡検査とは

内視鏡検査は、肉眼だけでなく、写真や動画による観察、顕微鏡で病気を診断するために必要な組織の採取などが行えます。胃や腸などの内側を観察するには、有効な検査といえます。

また、処置治療も行えます。病変部分の切除や止血、胆石などの砕石、異物摘出などが行え、開腹手術よりも肉体的・精神的負担が少なくて済みます。

内視鏡検査の必要性

痛みや自覚症状がない場合でも、身体の中にはがんなどの異常が発生し、ひそかに悪化している場合がよくあります。また、そうした身体の異常を解決するためには、どれだけ早期に異常を発見して治療を行うことができるかにかかっています。

がんは、正常な細胞が様々な原因によりがん細胞へと変化し、分裂を繰り返すうちに腫瘤となって発症します。胃腸など消化器をはじめ、がんはかなり進行しないと無症状であることが多く、また、症状が現れたとしてもがんに特有の症状はありません。腫瘤が目で発見可能な大きさになってから、あるいは痛みや自覚症状が出てからでは、かなり進行してしまっているケースが多いのが現実です。

そのため、なによりもまず無症状のうち、定期的な内視鏡検査を受け、身体の異常をできるだけ早期に発見して、治療を行うことが望まれます。

内視鏡の種類

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断。主として、胃炎や胃潰瘍の診断、胃がんの精密検査などを行います。胃がん検診で異常が疑われた方の精査を行います。
治療としては、主に胃のポリープの切除や小さな胃がんの治療を行います。
大腸内視鏡検査
大腸(結腸と直腸)疾患の内視鏡による診断。主として、便潜血陽性の際の大腸の検査、大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の診断を行います。
治療としては、主に大腸ポリープの切除を行います。

上部消化管の内視鏡検査

上部内視鏡検査のご案内

上部消化管は内視鏡検査が最も頻繁に行われる部位で、食道、胃、十二指腸が対象となります。検査は口からスコープを入れていくため、その経路上、いずれの検査も併せて行われることが多いようです。検査の過程で疑われる主な病変を表に示します。

食道 食道がん、逆流性食道炎、ポリープ、食道静脈瘤などの有無や程度
胃がん、胃炎、胃潰瘍、ポリープなどの有無や程度
十二指腸 十二指腸がん、十二指腸潰瘍、ポリープなどの有無や程度

微小な病変や識別しにくい病変の検査では、スコープ先端から目的部位に色素を散布して病変部を目立たせることもできます。X線検査にくらべて、直接観察ができるため、微小な病変の発見にすぐれています。
また、先端に装着した鉗子により、組織を採取して検査をしたり、ポリープ等を切除したり、出血部位を止血することもあります。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査のご案内

大腸内視鏡検査は盲腸から直腸まで大腸を全長に渡り、観察する検査で、大腸の病気の診断と治療に必要な検査です。
近年、生活、食習慣の変化から、日本でも大腸疾患が増加しています。主な症状としては、「便に血が混じる」「下痢や便秘を繰り返す」「残便感がある」などです。

肛門の違和感や出血を、痔だと思い込んで放置したり、大腸の検査はつらいというイメージで精密検査を避けた結果、大腸がんを進行させてしまう患者さんが少なくないのは、大変残念な事です。

大腸内視鏡
長いスコープで、直腸から結腸、回盲弁(大腸の入り口)の大腸全域を観察することができます。大腸は曲がりくねっているので胃にくらべ、挿入方法はすこし複雑ですが、小腸の手前まで挿入することが可能です。
また、最近はスコープの硬度が手動可変になり、よりスムースな挿入ができるようになってきました。さらに、大腸内視鏡の鉗子口を通じて様々な器具を用いることで、組織採取や、ポリープ切除などの処置も行えます。
ページの先頭へ戻る